慶應 問題集 2

こんにちは。今回は慶應の入試への対策におすすめの英語長文以外の問題集について、分野別に書いていきたいと思います!

1、 英文法

・実力判定英文法ファイナル問題集標準編→難関大学編 桐原書店
NextstageやVintageなどの分野別に並んだ英文問題集では、解答が考えなくてもわかってしまうことがよくあります(これらの参考書は問題集として使うものではありませんが)。したがって、英文法が苦手orそこまで得意ではない人は特に、英文法のランダムの問題集が必要となります。この問題集は英文法の問題に絞った模試が全10回分収録されています。良いところは、センター試験の第二問のようなよくありがちな空所補充問題だけではなく、正誤問題や並べ替え問題などの問題形式も載っている点です。標準編はセンター~MARCH関関同立レベルで難関大学編は早慶レベルです。難関大学編はかなり難易度も高くなっていますので、基本的な文法・語法の知識が完璧な状態で挑んでください。解説がかなり詳しいので、正解不正解にかかわらず熟読し、なぜその答えになるのかを全て理解できるようにしてください。

・スーパー講義英文法・語法正誤問題 (河合塾シリーズ) 河合出版
英文法の正誤問題のみを集めた問題集です。なぜこの参考書を選んだかというと、早慶の上位学部は正誤問題が頻出であり、また正誤問題はある程度慣れておかないと太刀打ちできないからです。この問題集は上記の実力判定英文法ファイナル問題集のように全分野のランダム出題です。解説には正誤問題でよく問われがちなポイントが載っています。早慶、東大の過去問からの出題がメインのため難易度はかなり高め。

2、日本史
・実力をつける日本史100題 Z会出版
MARCH~早慶レベルのハイレベルなレベルの日本史の問題が100題載っています。どれも良問ばかりで、文字通り実力をつけることが出来るでしょう。ほとんどは時代別の問題ですが、後半には早慶で頻出のテーマ史問題もあります。論述問題もありますが、文字数がかなり多く、字数が短く基本事項を問うのがメインの経済学部の論述問題への対策としてはオーバーワークになるでしょう。

3、過去問

最後に、慶應志望だけではなく全ての受験生に必須である問題集の過去問について書いていきたいです。これまで挙げてきた問題集は実力をつける、問題に慣れる、知識の整理をするなどが目的でとくものであり、ある意味では志望校への対策をまったくしていないといえます。問題集を解いた上で、そのつけた実力を志望校の入試に直接結びつける必要があるのです。また、過去問を解かなければ志望校の出題形式が分からず、どの問題集・参考書をやったらいいか分かりません。僕も慶應の経済学部が日本史の論述問題を出すと聞いてあわてて国立向けの論述の参考書をやったのですが、過去問を見てみると江戸時代以降の短めの論述しか出ないことがわかり、無駄な勉強になったという経験があります。
次にやり方についてみていきます。まず、勉強が本格的に早慶レベルに入ったところで一年分解きましょう。志望校のレベルや出題傾向を実際に体感するためです。注意点としては、最新年度は一番本番の入試に出る形式に近いため、はずしましょう。そして早慶レベルの学習が一通り終わったところで本格的に解き始めていきましょう。もちろん解説を熟読し、何故その答えになるのかを完璧に理解してください。
慶應の過去問に関しては、教学社の出している赤本と駿台の出している青本の二種類がありますが、解答の正確性と解説の充実性から青本をおすすめします。

繰り返しにはなりますが、これらの問題集は基本的な知識をマスターした上でとくようにしましょう。また、問題集を使って足りないところがあればまた基礎にもどるを繰り返しましょう。以上が慶應対策におすすめのの問題集でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です